2011年FIM・MotoGP・アワードでシーズンに終結

Sunday, 6 November 2011

シーズンを締め括る毎年恒例のセレモニー、『2011年FIM・MotoGP・アワード』が、バレンシアの芸術科学都市で開催。故シモンセリの感動的な追悼ビデオで、2011年シーズンの幕が閉じた。

2011年FIM・MotoGP・アワードは6日、バレンシア市内の芸術科学都市で開催。2011年シーズンの年間表彰式が行われた。

国際中継の実況を担当英国人ギャビン・エメットと地元スペインの国営放送のピットレポートを担当するイザスクン・ルイスが司会進行を務め、バレンシア州、バレンシア市、FIM国際モーターサイクリズム連盟、IRTA国際レーシングチーム連盟、ドルナスポーツの代表者が出席。

MotoGPクラスチャンピオンのケーシー・ストーナーをはじめ、3クラスのチャンピオン、ランク2位、ランク3位らが各賞の表彰を受けた。

今年は、サンマリノ政府、リミニ県、ミサノ市、ミサノ・ワールド・サーキット、ドルナスポーツの提案により、富沢祥也フェアプレイ賞を新設。

セレモニーは、故マルコ・シモンセリの感動的な追悼ビデオで幕が閉じた。

TAGS Valencia

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising