ホンダ、プロトタイプマシンをシェイクダウン

Friday, 22 April 2011

ホンダがニュープロトタイプマシンのシェイクダウンを行い、ドゥカティと共に2012年シーズンに向けて、本格的に始動した。

ホンダは、14日と15日に鈴鹿サーキットでプライベートテストを実施。ニュープロトタイプマシンの初テストを行った。

最高峰クラスのレギュレーションが変更される2012年シーズンに向け、開発中のプロトタイプマシンをシェイクダウンさせたのは、テストライダーの岡田忠之と秋吉耕祐。

来季に向けでは、ドゥカティが7日にヘレス・サーキットで初テストを実施。ホルヘ・ロレンソは、第8戦イタリアGP後にヤマハが初テストを予定していることを明かしていた。

FIM国際モーターサイクリズム連盟は、2012年の参戦申請手続きに関して、第3戦ポルトガルGPの1日目までに、エントリーを希望するチームは参戦の意思表示をしなければいけないことを発表していた。

TAGS 2011

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising