P.エスパルガロがベストリザルト獲得

Moto2™ is powered by
Monday, 29 August 2011

125ccクラスで通算5勝、表彰台21度を獲得したエスパルガロ弟が、中量級で初表彰台を獲得。ランク23位から16位に浮上した。

HP・トゥエンティ・スピードアップのポル・エスパルガロは、第12戦インディアナポリスGPの決勝レースで、7番グリッドから2位。中量級に転向してから初めての表彰台を獲得した。

マルク・マルケスを筆頭に、125ccクラスからの進出組が活躍する中、第3戦ポルトガルGPで6位に入り、125ccバイクからの乗り換えがようやく終わったように思われたが、その後はなかなかポイント圏内に進出できず、後半戦の開幕戦も16位。

フラストレーションのグランプリが続いていたが、公式予選の1発タイムで、今季2度目のシングルグリッドを獲得。

ウォームアップ走行は、6番時計だったが、1分45秒台を最多の6回記録。

そして、3列目から迎えた決勝レースでは、2ラップ目から週末の最速リズムで周回を重ね、2009年にキャリア初優勝を飾った舞台で、初めて表彰台を獲得した。

「Moto2クラスのシーズンは、思っていた以上にすごく、すごく厳しい。それに、上位から離されるのに慣れていなかったから、すごく嬉しい。この結果は、頑張って仕事をすれば、どんな目標も達成できるということを証明した。」

「もう体力が残っていない。左脚には力が入らない。終盤はギアチャンジが大変だったけど、ラバットに抜かれないようにするため、歯を食いしばって頑張った。」

「これからは、この調子を維持して、上位陣とのポイント差を少しでも詰めなければいけない。これが快進撃のスタートとなることを期待する」と、初表彰台で自信を得た。

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising