A.ポンス、スペイン帰国は31日

Moto2™ is powered by
Friday, 28 October 2011

Moto2クラスの決勝レースで赤旗の原因となった転倒により、クアラルンプール市内の病院に入院していたポンスが退院した。

ポンス・HP・40のアクセル・ポンスは、26日に入院していたクアラルンプール市内の病院から退院。4日間市内のホテルに滞在し、30日に帰国便の搭乗。31日にスペインへ帰国する。

第17戦マレーシアGPの決勝レースで、ラスト2ラップの2コーナーで赤旗中断の理由となった転倒を喫した際、頭部を強打したことから、ヘリコプターでクアラルンプール市内の病院へ搬送。

精密検査の結果、軽度のくも膜下出血により入院。順調に回復して、3日後に退院して、市内のホテルに移動。

医師団の指示に従い、数日間市内で休養。一方で、入院直後から連絡を取り合っているバルセロナ市内の病院から医師が派遣されることが決まり、30日に医師、父親であり、チームマネージャーのシト・ポンスと共に帰国便に搭乗する。

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising