G22、C.モラーレス→S.ガデアに交代

Moto2™ is powered by
Wednesday, 14 September 2011

ニエト兄弟は、両肩を負傷するモラーレスに替わって、昨季Moto2クラスに参戦していたガデアを代役として起用することを決断した。

デスグアセス・ラ・トーレ・G22は14日、今週末の第14戦アラゴンGPに、カルメロ・モラーレスに替わってセルジオ・ガデアを起用することを発表した。

初代スペイン選手権Moto2クラス王者として、成績不振を理由に解雇したラファエレ・デ・ロサに替わり、第5戦カタルーニャGPから参戦を開始した33歳のスペイン人ライダーだったが、モリワキに順応できないと理由で、ダブル参戦する同選手権のチームの協力を得て、第9戦ドイツGPからシューターにスイッチ。

しかし、第11戦インディアナポリスGPから再びモリワキに乗り換えたが、8戦連続して、0ポイント。

先週末の同選手権第5戦アルバセテ・ラウンドで2位に入り、ランク2位に位置するが、バルセロナ市内の病院で精密検査を受けたところ、両肩の靭帯が損傷していることから、手術を受けることを薦められていた。

医師団からの検査結果を受けたチームを指揮するニエト兄弟は、モラーレスの代役に、セルジオ・ガデアを起用することを決断。

現時点では、ガデアの起用は今大会のみ。モラーレスの復帰とモラーレス自身のヨーロッパ選手権(10月9日)の参戦も未定となっている。

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising