公式予選:D.ペドロサがPP奪取&レプソル・ホンダが1列目独占

Saturday, 22 October 2011

フリー走行総合トップのペドロサが、週末4度目の1番時計で今季2度目のポールポジションを奪取。ストーナー、ドビツィオーソが続き、レプソル・ホンダが1列目を独占。エドワーズが今季最高位となる4番手に進出。シモンセリ、ヘイデンが続き、青山が自己最高位の7番手。バウティスタは8番手。ロッシは9番手。転倒を喫したスピースは16番手。中須賀は最後尾17番グリッドから明日のデビュー戦を迎える。

第17戦マレーシアGPの公式予選は22日、セパン・インターナショナル・サーキットで行われ、ダニ・ペドロサがトップタイムをマーク。ポールポジションを奪取した。

気温31度。路面温度46度のドライコンディションの中、フリー走行でトップタイムを3連発マークしたペドロサは、5ラップ目に転倒を喫したが、2分02秒台を7回、2分01秒台を3回記録。2分01秒462の1番時計を刻み、第11戦チェコGP以来となる今季2度目のトップグリッドを獲得した。

フリー走行総合4番手のケーシー・ストーナーは、6回のコースインを繰り返し、2分01秒台を3回記録。0.029秒差の2番手に入り、14戦連続16度目の1列目を確保。

フリー走行総合3番手のアンドレア・ドビツィオーソは、2分02秒台を6回、2分01秒台を3回記録。0.204秒差で今季3度目の3番手。

レプソル・ホンダは、今季初めて1列目を独占。ホンダの1列目独占は、第4戦フランスGP以来。

フリー走行総合7番手のコーリン・エドワーズは、2分02秒台を3回記録。0.548秒差の4番手に入り、今季の最高位を獲得。

フリー走行総合2番手のマルコ・シモンセリは、2分02秒台を最多の11回記録。0.643秒差の5番手。

フリー走行総合5番手のニッキー・ヘイデンは、2分01秒台を6回記録。0.710秒差で2戦連続の6番手。

フリー走行総合9番手の青山博一は、2分01秒台を6回記録。0.792秒差の7番手に入り、第14戦アラゴンGPの9番グリッドを上回る自己最高位グリッドを獲得。

フリー走行総合6番手のアルバロ・バウティスタは、2分01秒台を9回記録し、0.870秒差の8番手。

フリー走行総合8番手のバレンティーノ・ロッシは、16ラップ目に今季11度目の転倒を喫した後、2分01秒台を3回記録して、0.933秒差の9番手。カル・クラッチローがトップ10入り。

フリー走行3で転倒を喫した総合12番手のベン・スピースは、タイムアタックの21ラップ目に週末2度目の転倒を喫し、2.216秒差で自己ワーストとなる16番手に後退。

フリー走行総合17番手の中須賀克行は、2.610秒差の17番手。明日のデビュー戦を最後尾から迎える。

TAGS Malaysia

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising