ミサノ、シモンセリの名前を残すことを決定

Thursday, 3 November 2011

ミサノ・ワールド・サーキットに故マルコ・シモンセリに名前が付くことが決定。今後、具体的な作業に着手する。

サンマリノ&デラ・リビエラ・ディ・リミニGPの開催舞台であるミサノ・ワールド・サーキットを運営するサンタモニカ・スパは3日、スポーティング施設に、故・マルコ・シモンセリの名前を付けることを発表した。

サーキットの運営会社は、2日に取締会を開き、地元の英雄シモンセリの名前を施設に付ける提案に、満場一致で合意。今後、具体的な作業に着手する。

副会長のルカス・コライアコボは、「シッチのメモリアルをしなければいけません。彼の勇敢さと謙虚さを尊敬する数十万人のファンとスポーツ界を代表する沢山の人たち、そして、メディア関係者たちが自発的に行動した正真正銘のイニシアチブであり、スポーツ界と人生のチャンピオンであるマルコ・シモンセリとミサノ・ワールド・サーキットが関連することは大きな喜びと誇りです。」

「我々の決定をマルコの家族に伝えると共に、この悲劇的な時期に、全ての人たちに愛を伝えてくれたことに感謝の意を表します。マルコはいつまでも我々と共にいます。」

「今日から家族と立ち上がったばかりの彼が関係する基金と共に、このイニシアチブを具体的にするために作業を開始します。このスポーツの全てのファンと彼のファンクラブも関係し、幅広い参加者たちが協力してくれることを期待します」と、説明。

ミサノ・ワールド・サーキットの標章に関連するマーチャルダイジングやマーケティングには、シモンセリの名前を使用しないことも決定している。

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising