フリー走行3:S.ブラドルが逆転の1番時計

Moto2™ is powered by
Saturday, 2 July 2011

初日に連続のトップタイムをマークしたマルケスが、セッションをリードしたが、ポイントリーダーのブラドルが逆転の1番時計を記録。エスパルガロ兄、レディング、ソフォーグルが続き、高橋は初日総合20番手から14番手に浮上した。

第8戦イタリアGPのフリー走行3は2日、ムジェロ・サーキットで行われ、ステファン・ブラドルがトップタイムをマークした。

気温25度。路面温度37度のドライコンディションの中、初日総合2番手のブラドルは、最終ラップに1分54秒台を突破。1分53秒571の1番時計を記録して、逆転でセッションを制した。

初日連続の1番時計を刻んだマルク・マルケスは、1分53秒台を最多の3回記録。0.039秒差の2番手に位置すれば、初日総合6番手のアレックス・エスパルガロは、1分53秒台を2回記録。0.288秒差の3番手に浮上し、スコット・レディング、ケナン・ソフォーグル、ドミニケ・エジャーターが続いた。

初日総合3番手のアレックス・デ・アンジェリスは、0.567秒差の7番手に後退。初日総合23番手のシモーネ・コルシは8番手に浮上。マティア・パシーニ、ブラドリー・スミスがトップ10入り。

初日総合20番手の高橋裕紀は、0.888秒差の14番手。

フリー走行2で6番手から4番手に浮上したアンドレア・イアンノーネは、1.221秒差の19番手に後退。

セッション中盤にラタパー・ヴィライローと激突したアクセル・ポンスは、左手首を骨折した。

TAGS Italy

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
続きを読む »
Advertising