フリー走行2:C.ストーナーが連続の1番時計で初日制す

motogp report cat FP2
Friday, 3 June 2011

前戦完全優勝を飾ったストーナーが、連続して1番時計を記録。初日をリードすれば、シモンセリ、ドビツィオーソが続き、ホンダ勢がトップ3を独占。ロレンソ、スピースのヤマハ勢が続き、ロッシは6番手。青山は8番手だった。

第5戦カタルーニャGPのフリー走行2は3日、カタルーニャ・サーキットで行われ、ケーシー・ストーナーがトップタイムをマーク。初日を制した。

気温18度。路面温度22度のドライコンディションの中、フリー走行1を制したストーナーは、唯一1分43秒台を突破する1分42秒940の1番時計を記録した。

フリー走行1で2番手だったマルコ・シモンセリは、1分43秒台を4連発。0.528秒差の2番時計を維持すれば、アンドレア・ドビツィオーソは、5番手から3番手に浮上。ホンダ勢がトップ3に進出した。

フリー走行1で3番手だったホルヘ・ロレンソは、0.870秒差の4番手。4番手だったベン・スピースは、1.919秒差の5番手に後退した。

バレンティーノ・ロッシは、2.004秒差の6番手。カル・クラッチローは7番手。

フリー走行1で10番手だった青山博一は、最終ラップに1分46秒台を突破。2.726秒差の8番手に浮上し、ニッキー・ヘイデン、アルバロ・バウティスタがトップ10入り。

フリー走行1で6番手だったコーリン・エドワーズは、転倒を喫した際に右肩を強打。右鎖骨を骨折した。

TAGS Catalunya

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising