公式予選:C.ストーナーが今季3度目のポールポジションを奪取

motogp report france gp QP
Saturday, 14 May 2011

3度のフリー走行を制したストーナーが今季3度目のポールポジションを獲得。シモンセリ、ドビツィオーソ、ペドロサが続き、ホンダ勢が1列目、トップ4を独占。ロレンソ、クラッチロー、エドワーズ、スピースのヤマハ勢が続き、青山は13番手だった。

第4戦フランスGPのフリー走行3は14日、ルマンのブガッティ・サーキットで行われ、ケーシー・ストーナーがトップタイムをマーク。ポールポジションを奪取した。

気温18度。路面温度33度のドライコンディションの中、3度のフリー走行を制したストーナーは、1分33秒台を最多の8回記録。1分33秒153の1番時計を刻み、今季3度目のポールポジションを獲得した。

フリー走行総合2番手のマルコ・シモンセリは、1分34秒台を10回記録、1分33秒台を3回記録。0.059秒差で、2戦連続の2番グリッドを確保した。

フリー走行総合3番手のアンドレア・ドビツィオーソは、1分34秒台を9回記録、1分33秒台を2回記録。0.468秒差で、今季初の1列目に進出。ホンダ勢が今季初めて1列目を独占した。

フリー走行総合4番手のダニ・ペドロサは、1分34秒台を7回記録、1分33秒台を4回記録。0.530秒差で、今季初めて1列目を逃した。

フリー走行総合6番手のホルヘ・ロレンソは、1分34秒台を最多の12回記録、1分33秒台を1回記録。0.553秒差で、今季初めて1列目を逃せば、カル・クラッチロー、コー^リン・エドワーズ、ベン・スピースのヤマハ勢が続いた。

バレンティーノ・ロッシは、1分34秒台を8回記録。1.053秒差の9番手に入ると、ニッキー・ヘイデン、ランディ・ド・プニエのドゥカティ勢が続き、スズキのアルバロ・バウティスタは、週末最高位の12番手に進出。

フリー走行総合6番手の青山博一は、4度目のコースインで1分34秒台を4連発。1.459秒差の13番手で、明日の決勝レースを5列目から迎える。

TAGS France

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising