アルゼンチン政府がグランプリ開催を発表

Wednesday, 14 December 2011

9月にグランプリ開催の合意調印式を実施してから3ヶ月後、アルゼンチンのシンボルである建国200年博物館にて、ドビツィオーソをゲストに迎え、政府関係者らがグランプリ開催の発表会を行った。

アルゼンチン政府観光庁は13日、首都ブエノスアイレスで、2013年からアウトドルモ・テルマス・デ・リオ・オンドでアルゼンチンGPを開催することを発表した。

9月13日、フランスの首都パリで、アルゼンチンの政府大統領クリスティーナ・フェルナンデス・デ・キルチネルとドルナスポーツの経営最高責任者カルメロ・エスペレータは、2013年から3年間、アルゼンチン北部のサンティアゴ・デル・エステロ州に位置する同サーキットで、グランプリ開催に関する合意の調印式を実施。

この日は、市内の建国200年博物館にて、調印式に出席した観光相のエンリケ・メジェール、州知事のヘラルド・サモラ、今季ランク3位を獲得したアンドレア・ドビツィオーソ、元250ccライダーのセバスチャン・ポルトらが発表会に参加した。

TAGS 2011

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising