ヘレス合同テスト3日目:2011年の全テスト日程が終了

Friday, 25 November 2011

アスパル・チームから参加したド・プニエが、アプリリア製のプロトタイプマシンで合計120ラップを周回。カレックス勢が上位を独占したMoto2クラスの中で、レディングが3日間連続の1番時計を刻めば、エリアスが最多の267ラップを走行した。

MotoGPクラスとMoto2クラスの合同テスト3日目は25日、ヘレス・サーキットで行われ、ランディ・ド・プニエが来季につなげる意欲的な走りを見せた。

12月1日からのテスト禁止を前に、最終日も好天候に恵まれた中、アスパル・チームから参加したド・プニエは、アプリリア製のプロトタイプマシンで70ラップを周回。2日間で120ラップを周回した。

BQRは、イバン・シルバが午前、ヨニー・エルネンデェスが午後に走行。2年間同チームからMoto2クラスに参戦したコロンビア人ライダーは、1日目から1.7秒タイムを伸ばした。

ドゥカティのテストチームは、テストライダーのフランコ・バッタイニがテストを継続。

Moto2クラスは、スコット・レディングが3日間連続の1番時計を記録。トニ・エリアスは3日間で最多の267ラップ、10レース分の距離を走行した。

フォワード・レーシングのコーリン・エドワーズ、アレックス・デ・アンジェリス、高橋裕紀、ポンス・40・HP・トゥエンティのポル・エスパルガロ、エステベ・ラバット、アクセル・ポンスは、予定通りに2日間でテストを終了したため、最終日は参加しなかった。

非公式ラップタイム
MotoGPクラス
1. I.シルバ: 1分44秒0 (23ラップ)
2. Y.エルナンデェス: 1分44秒2 (37ラップ)

サーキットレコードラップ: 1分39秒731 (2010)
サーキットベストラップ: 1分38秒189 (2008)

Moto2クラス
1. S.レディング: 1分43秒0 (54ラップ)
2. B.スミス: 1分43秒1 (57ラップ)
3. M.カリオ: 1分43秒4 (82ラップ)
4. G.レイ: 1分43秒8 (58ラップ)
5. X.シメオン: 1分43秒9 (80ラップ)
6. T.エリアス: 1分44秒6 (90ラップ)
7. N.テロール: 1分44秒7 (48ラップ)

サーキットレコードラップ: 1分44秒710 (2010)
サーキットベストラップ: 1分42秒706 (2011)

TAGS 2011

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising