公式予選:M.ピロがファイナルラウンドで初のポールポジションを奪取

Moto2™ is powered by
Saturday, 5 November 2011

ポイントリーダーのブラドルが明日の決勝レースを待たずに、タイトルを獲得。ピロがポールポジションを獲得すれば、高橋は0.009秒差の2番手。カリオが今季初めて1列目を確保した。

最終戦バレンシアGPの公式予選は5日、リカルド・トルモで行われ、ミケーレ・ピロがトップタイムをマーク。ポールポジションを奪取すれば、ステファン・ブラドルがチャンピオンに輝いた。

気温15度。路面温度14度のドライコンディションの中、フリー走行総合7番手のミケーレ・ピロが、小雨が降る前に、1分37秒067の1番時計を刻み、初のトップグリッドを獲得。

フリー走行総合5番手の高橋裕紀は、1分37秒台を最多の4回記録。0.009秒差の2番手で、今季6度目の1列目を獲得。

フリー走行総合10番手のミカ・カリオは、0.410秒差の3番手に入り、Moto2クラスで初めて1列目を獲得。

フリー走行3で週末2度目の最速タイムをマークして、フリー走行総合トップに立ったブラドルは、0.803秒差の4番手。ランク2位のマルク・マルケスが欠場したことから、明日の決勝レースを待たずに、チャンピオンに輝いた。

フリー走行総合6番手のアレックス・デ・アンジェリスは5番手。トーマス・ルティ、ドミニケ・エジャーター、チャビエル・シメオン、マイク・ディ・メッリオ、シモーネ・コルシがトップ10入り。

フリー走行総合2番手のスコット・レディングは14番手。フリー走行総合26番手のアンドレア・イアンノーネは2.649秒差の25番手だった。

TAGS Valencia

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
続きを読む »
Advertising