決勝レース:N.テロールが王者/M.ビニャーレスが4勝目

Sunday, 6 November 2011

3ラップ目にランク2位のザルコが転倒し、ポイントリーダーのテロールがホームトラックでチャンピオンに決定。新人王ビニャーレスがホームレースで今季4勝目を達成し、逆転でランク3位を獲得。ファウベルが3位に入り、地元スペイン勢が表彰台を独占した。

最終戦バレンシアGPの決勝レースは6日、リカルド・トルモで行われ、マーベリック・ビニャーレスが優勝を。ニコラス・テロールのチャンピオンが決定した。

気温17度。路面温度16度のドライコンディションの中、ランク2位のヨハン・ザルコが3番グリッドから5番手走行中の3ラップ目に転倒リタイヤ。その時点で、ポイントリーダーのテロールが自動的にチャンピオンに輝くと、9番グリッドから2位。今季11度目の表彰台で125ccクラス最後のタイトルを祝った。

ウォームアップ走行を制した8番グリッドのビニャーレスは、新人として最多勝となる4勝目を達成。

6番グリッドのエクトル・ファウベルは、2ラップ目にトップに飛び出し、優勝争いを展開。3位に入り、スペイン勢が表彰台を独占した。

13番グリッドのエフレン・バスケスは4位。ジョナス・フォルガー、アルベルト・モンカヨ、ルイス・サロン、ニコラス・アジョ、ルイジ・モルシアーノ、ルイス・ロッシがトップ10入り。

7番グリッドのサンドロ・コルテセは、11ラップ目のランク3位争い中に転倒リタイヤ。

ポールポジションのダニー・ウェッブは、オープニングラップを制したが、12ラップ目に転倒リライヤを喫した。

チャンピオンシップは、テロールがチャンピオンに輝き、ザルコがランク2位。ビニャーレスが3位に入った。

TAGS

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising