R.ヴィライロー、医師団からゴーサイン

Moto2™ is powered by
Friday, 11 February 2011

交通事故から約2ヶ月後、医師団の許可が下り、3月のオフィシャルテストに参加することとなった。

SAG・チームは11日、交通事故に見舞われたラタパー・ヴィライローに、医師団からゴーサインが出たことを伝え、3月のオフィシャルテストに参加することを発表した。

父親の葬儀のため、カタルーニャ・サーキットで予定していたテストをキャンセルして、活動の拠点であるスペインから帰国中の12月6日、タイ東部のチョンブリ市内で、友人が運転するバイクの後部座席に同乗していた際に、事故に見舞われた。

その際に両手と頭部を強打。緊急搬送された同市内の病院からバンコク市内の病院に転院。集中治療室に収容されていたが、7日に意識を取り戻すと、14日には一般病棟に移動。エアロバイクを使用したリハビリを開始し、24日に退院した。

事故から67日後の11日、メディカルチェックを受け、医師団から活動開始の許可が下りたことから、3月4日から3日間、ヘレス・サーキットで予定されているオフィシャルテストに参加。FTRを初テストすることが決まった。

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising