R.ヴィライロー、山伏として15日間の修行

Moto2™ is powered by
Monday, 5 December 2011

タイ人ライダーのラタパーが、15日間山伏(やまぶし)として仏道修行に励み、人生の再出発を図る機会にすることを語った。

タイ・ホンダ・シンハ・SAGのラタパー・ヴィライローは、出身地タイの国民の義務として、ブッディスト・モンクこと山伏として修行を始めた。

テーラワーダ仏教の伝統として、数週間から3ヶ月間、仏道修行に励むことが義務付けられ、ヴィライローも髪の毛と眉毛を剃り、15日間修験僧に転向した。

「僕の人生で大切な時期となる。過去の人生から学び、自分自身を見つける手段。2010年末から2011年の1年間を思い出せば、起きたことを後にして、新たな人生をゼロから出発する絶好の機会となるだろう」と、修行前に語った。

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising