H.バルベラ、渡米を決断

Tuesday, 14 August 2012

7月21日に左脚2ヶ所を骨折したバルベラが、予定を1週間前倒して、今週末に復帰することを決断。骨折から27日後にデスモセディチGP12を走らせ、エリアスは交代要員として現地入りする。

プラマック・レーシングは14日、エクトル・バルベラが今週末の第11戦インディアナポリスGPに挑戦することを発表。インディアナポリス行きのフライトに搭乗した。

7月22日にバルセロナ市内の病院で、トレーニング中に骨折した左脚の脛骨と腓骨の手術を受け、前戦アメリカGPを欠場。第12戦チェコGPでの復帰に目指して、集中的なリハビリに取り組んでいたが、この数日間で回復スピードが加速したことから、アメリカ行きを決断。フリー走行1にトライして、回復状況を確認する。

負傷代役に指名したトニ・エリアスは、予定通りにインディアナポリス・モーター・スピードウェイに入り、バルベラが走行を断念した際には、デスモセディチGP12サテライトを走らせる。

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising