初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

A.ドビツィオーソがトレーニング中の事故で鎖骨骨折

A.ドビツィオーソがトレーニング中の事故で鎖骨骨折

新天地からの出発を前に、モトクロスを使用した通常のトレーニングを実施していたドビツィオーソだったが、スモールクラッシュにより、右鎖骨を骨折。7日に手術を受けるが、31日からのテストには予定通りに参加する見込み。

モンスター・ヤマハ・テック3から参戦する昨季ランク3位のアンドレア・ドビツィオーソは5日、モトクロスを使用したトレーニング中に転倒。右鎖骨を骨折した。

ドビツィオーソのパーソナルマネージャー、シモーネ・バティステーラによれば、手術は7日、昨年バレンティーノ・ロッシの右肩手術を担当した医師により、ボローニャ市内の病院で行われる。

1月31日からセパン・インターナショナル・サーキットで開催されるオフィシャルテストへの参加に関しては、「精密検査を実施した医師団によれば、大きな問題になるべきではない」と、説明を受けたことを明かし、テストに向けてのトレーニングプログラムは多少遅れるが、今年初テストには予定通りに参加する見込みであることを語った。

チームマネージャーのエルベ・ポンチャラルは、入院先の病院を訪問。「今年の初テストまで、あと3週間。エドワーズとクラッチローは、昨年似たような負傷から早く回復しました」と、楽観視した。

Tags:
MotoGP, 2012

Other updates you may be interested in ›