初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

M.マルケスが視力障害を克服するために手術

M.マルケスが視力障害を克服するために手術

昨年タイトル争いを断念することとなった視力障害を治すため、来月から始まるテストを前に、手術を受けることを決断。無事に成功した。

チーム・カタルーニャ・カイシャ・レプソルのマルク・マルケスは16日、バルセロナ市内の病院で、昨年10月21日の第17戦マレーシアGPフリー走行1で転倒した際に、視力障害を受けていた右目を手術。退院して、数日間の休息を取ることとなった。

ラスト2戦と11月下旬のテストをキャンセルして、静養を取り、徐々に視力が回復してきたが、バイクに乗るには楽観的な状態でないことから、専門医の助言を受けて、右上斜筋の手術を受けた。

2月8日から3日間、バレンシアのリカルド・トルモで開催されるオフィシャルテストへの参加は、回復具合となる。

Tags:
Moto2, 2011, Marc Marquez, Team CatalunyaCaixa Repsol

Other updates you may be interested in ›