初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

C.ストーナーの独占インタビュー

C.ストーナーの独占インタビュー

1月31日からのオフィシャルテストを前に、活動の拠点スイスに戻って、トレーニングを進める王者ストーナーが、プライベートとレースに関して心境を明かした。

レプソル・ホンダのケーシー・ストーナーは、チャンピオンを証明するゼッケン1と共に2012年シーズンに挑戦。ウインターバカンス、愛妻アンドレア、2012年型プロトタイプマシン、タイトル争いのライバルなど、新シーズンに向けての抱負と期待を語った。

帰国したオーストラリアでのクリスマスバカンスは、どうだったかい?
特に何もなかった。喧騒から遠ざかる機会があり、家族と友人たちと一緒に静かで気分の良い時間を過ごした。赤ちゃんが生まれる準備のために、少し早く、スイスに戻らなければいけなかったから、リラックスとリカバリー、そして今年に向けて準備の時間があったのは良かった。

アドリアーナの体調はどうだい?もうすぐ、一児の親になるけど、ナーバスかい?
アドリアーナの体調はすごく良い。何も問題はない。健康で完璧な状態。この状態が続くことを祈って、指を交差させているところ。神経質になっていないけど、生まれるのを長く待っていて、全てがとてもゆっくり進んでいるようだ。あと数週間、万全な体調が続くことを願う。生まれて来るときには、家にいたい。テストとテストの間に生まれなければいけないから、その瞬間に家にいられるように指を交差する。

レースと子育てをどのように両立する?
僕はレースとプライベートを上手く切り離すことができる。トラックにいるときは、レースの時間。トラックから離れているときには、トレーニングを除いて、レースのことを考えない。生活を楽しむだけ。

君はスイスに家があるけど、ここでの生活はどうだい?
美しい国だと思う。生活の仕方や近所の人たちを気に入っている。家の近くには、マウンテンバイクのトレーニングに最適な小さな川があるから、ここにいるときは、完璧な休息で、僕たちだけで静かに過ごし、中断されずにレースへの準備ができる。ここには美しい生活があり、特に冬の時期を楽しむ。

山の近くに住むから、スノーボードとスキーを楽しむ機会があると思うけど、どちらを好む?
スキー。スノーボードも楽しみ、両方とも問題ないけど、ここにはスキーに適した場所がある。僕はアバンチュールを好む。スノーボードでは、場所によってはボードを外し、歩かなければいけない。スキーだと休まずに滑り続けることができる。

親友のチャズ・デイビスがスーパースポーツ世界選手権を制した。2人が同じ年にタイトルを獲得するには、グレートだ。
ファンタスティック!チャズのキャリアは困難で、多くのチャンスがなかった。僕も幾つか難しかったけど、チャズほどではなかった。彼は困難を克服した。前進するために、プッシュを続け、ようやく、自分を証明するための適した機会を持った。彼を嬉しく思う。同じ年にそれぞれのチャンピオンシップを制覇できたことが嬉しい。これ以上のことはない。

ゼッケン1で臨むシーズンの印象は?
ゼッケン1を貼って、レースがしたい。多くの人たちがジンクスと考えるけど、チャンピオンならば、ゼッケン1を使用しないといけない。僕にとって、もう1つの挑戦。それが気に入っている。今シーズンも非常にタフになることは間違いない。新たなカテゴリーのスタートだから、満足するセットアップに仕上げるため、やるべきことが沢山ある。最後のテストは良かったけど、完全に満足した訳ではない。準備することが沢山ある。これからのテストは重要だ。テストが終了したときに、沢山の情報を使用できることを期待する。

バレンシアのテストで収集したデータをベースとして、変更されるところは?
シャーシが少し変更されるだろう。ニュータイヤを装着して、チャタリングが増したから、ニューシャーシでアジャストしなければいけない。欲求不満になるかもしれない。ブレーキを離した際に、チャタリングが多いから、バイクがベターに機能するように調整しないといけない。バレンシアでの最後のコースインで前進があったけど、まだまだ大きく前進する必要がある。エンジンブレーキも改善しなければいけない。エンジンの加速は良い。1000ccはグレートなフィーリングを与えてくれる。コーナーの進入はスムーズで、これがちょっとしたアドバンテージをもたらさなければいけない。

1000ccへの変更は、800ccへの変更とは異なるだろうか?1000ccへの変更はどうなるだろうか?
正直、800ccと比較してそれほど変わるとは思わない。電子制御により、ビックなスピンは発生しないだろう。タイヤは、990ccを走らせていたときとは異なる。当時はタイヤ競争があったけど、今はそれがない。800ccとは大きな違いがあるとは見えないけど、どうなるか見てみよう。1000ccの方が楽しい。パワーがある。トラックでは、(排気量が)小さい方が特に低いギアでトリッキーだ。ギアチェンジの度に、ウイリーの問題があるから、これを縮小することが挑戦になるけど、全体的には1000ccに戻ることはグッドだ。

今年は、1000ccへの変更だけでなく、クレイミング・ルール・チームが導入され、21台のバイクがスターティンググリッドに並ぶ。将来のCRTに関して意見を語ったけど、今年はどうなるだろうか?
様子を見よう。ラップタイムに関しては、印象を受けるものではない。幾つかのチームは、良い方向に進み、適したライダーを起用するから、戦闘的にならなければいけないけど、完全に戦闘力があるとは思えない。数合わせだと思うけど、正直、それは悪くないと思う。戦闘力のないバイクと実際に何も証明していないライダーのことを話すとき、どのポイントまで戦闘力が到達するのか、語るのは難しい。時間が語ってくれるだろう。

新たなシーズンのタイトル候補は?
最大のライバルは、2010年のランク1位、2011年のランク2位だったホルヘ(・ロレンソ)。彼は常に闘うだろう。全てのファクトリーライダー、そして、アンドレア(・ドビツィオーソ)。彼はチームと一緒にプッシュしてくるだろう。残念ながら、マルコ(・シモンセリ)がいなくて寂しい。上位に進出することは確かだっただろう。毎年ものごとが変わるから、シーズンを通じて誰がベストとなるか見てみよう。

今年のドゥカティはどうだろうか?
彼らは90%、全く新しいバイクを製造したと言うけど、昨年の中頃から前から後ろ、上から下まで変更して、大きな変化はなかった。ドゥカティのために、今年は戦闘力のあるバイクを製造することを期待する。それは、チャンピオンシップには必要なこと。個人的には、可能な限り、多くのファクトリーマシンが上位に進出する必要があると考える。ヤマハとホンダは競争を望むけど、不運にも、カワサキとスズキは参戦しないから、全てのファクトリーが上位に進出する必要がある。

新世代のタレントは誰だろう?将来、戦闘力のあるライダーは?
誰もマルク・マルケスのことを失わないと思う。この2年間は本当に素晴らしかった。正真正銘のチャンピオンであることを証明した。目の手術を受けた後、どうなるか興味深い。125ccクラスに長く参戦していた数人のライダーたちが有力候補になれなければいけない。ビニャーレスはグレートな仕事をした。しかし、MotoGPクラスに進出するまで、誰が戦闘力を具えているのかを語るのは難しい。

マルケスが将来のチームメイトになると話題になったけど、彼をどう考える?
マルクをすごく気に入っている。特に彼の性格。過去にはミスを犯したけど、レースに向けて正しい態度で挑み、素早く学習し、成長が止まらない。それらがマルクの素晴らしいところ。チームメイトが誰になろうと、同じグループで走ろうと、それは重要ではない。チームメイトか、そうでないか、最終的には勝たなければいけない。とにかく、マルクが早く僕たちの一員になることを期待する。

2012年は君の年になる、と多くの人たちが語る。過去と比較して、今年の印象は?
今年はもう少し難しくなるかもしれないと考える。序盤にバイクを上手く調整できれば、シーズンを上手く進めることができるだろう。しかし、昨年の2戦目のように、一気に後退して、そこから巻き返さなければいけないかもしれない。あのときは、ミスせずに、完璧なシーズンにしなければいけなかった。もし、ミスを幾つか犯していたら、僕たちにとってすごく違ったことになっていただろう。重要なのは準備を整え、ミスを犯さないこと。今日、ミスを犯すと、巻き返しは非常に難しい。シーズンに向けて自信があるけど、シーズン中旬まで、ものごとがどうなのか、もっとプッシュしなければいけないのか、そうでないのかを確認しなければいけないだろう。

Tags:
MotoGP, 2012, Casey Stoner, Repsol Honda Team

Other updates you may be interested in ›