Tickets purchase
Videopass purchase

BQR、セパンのオフィシャルテストに参加

CRTクレイミング・ルール・チームとして最高峰クラスに初参戦するスパニッシュチームは、オフィシャルテストに参加するため、負傷のエルデェンスの代役として、ワイルドカード参戦として起用を予定するピエトリとスペイン選手権王者のトーレスを召集する。

BQR、バイ・ケロセノ・レーシングのチーム代表であるラウール・ロメロは24日、セパン・インターナショナル・サーキットで開催する1月31日からのオフィシャルテストに参加することを説明。ロベルト・ピエトリとジョルディ・トーレスをテストライダーとして招集することを明かした。

CRTクレイミング・ルール・チームとして、最高峰クラスに初参戦を予定するスパニッシュチームは、カワサキエンジンを搭載するFTRの車体開発に着手。スペイン人ライダー、イバン・シルバとコロンビア人ライダー、ヨニー・エルナンデェスの起用を予定。

エルナンデェスは、昨年12月5日に手術を受けた左手の負傷がまだ完治していないことから、チームはデビュー戦となる4月8日の開幕戦に向けて、テストプログラムを進めるため、スペイン選手権Moto2クラス王者のスペイン人ライダー、トーレスとMoto2クラスに2年間参戦したベネズエラ人ライダー、ピエトリを召集することを決めた。

ピエトリの起用に関して、ロメロは、ワイルドカードとして5戦(スペインでの3戦とアメリカでの2戦)に参戦する方向で、ほぼ合意していることを明かした。

コロンビア国内で話題となっているエルナンデェスの起用に関しては、チームと合意している金銭の持ち込みが未解決なことから、まだ契約を交わしていないことを認めた。

Tags:
MotoGP, 2011

Other updates you may be interested in ›