初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

MotoGPオフィシャルテストは明日31日に開催

MotoGPオフィシャルテストは明日31日に開催

1000ccマシンによる2012年シーズンに向け、MotoGPライダーたちがマレーシアに集結。31日から本格的なテストがスタートする。

MotoGPクラスのオフィシャルテストは、31日から3日間、第16戦マレーシアGPの舞台となるセパン・インターナショナル・サーキットで開催。10チーム15人のMotoGPライダーたちが参加を予定している。

昨季3冠を達成したホンダのファクトリーチーム、レプソル・ホンダは、2011年王者ケーシー・ストーナーと11月のオフィシャルテストで連日の1番時計を記録したダニ・ペドロサが、スイスとスペインで体調を整えて現地入り。30日には、チーム発表会を行う。

サンカルロ・ホンダ・グレシーニのアルバロ・バウティスタとLCR・ホンダのステファン・ブラドルは、1000ccマシンの初走行を予定。両チームのメカニックたちは、3週間前に日本を訪れ、2012年型マシンの組み立てなど、スクーリングを行った。

サンカルロ・ホンダ・グレシーニからCRTクレイミング・ルール・チームとして参戦を予定するミケーレ・ピロは、プロトタイプマシン製造中のため、今年初テストを欠場する。

ヤマハ・ファクトリー・レーシング・チームのホルヘ・ロレンソは、昨年10月に左手薬指を負傷のため、11月のオフィシャルテストを欠場。第16戦オーストラリアGP以来の走行となれば、ベン・スピースはインドネシアでのプロモーション後、バリ島で体調を整え、現地入りする。

モンスター・ヤマハ・テック3のアンドレア・ドビツィオーソは、5日に右鎖骨を骨折。7日に手術を受けたため、100%の体調ではないが、2年目を迎えるカル・クラッチローと共にテストに参加。

ドゥカティ・チームのバレンティーノ・ロッシとニッキー・ヘイデンは、テストチームが17日から3日間、ヘレス・サーキットでシェイクダウンを実施したニューマシンと11月のテストで使用したマシンの比較を予定。昨年右肩を負傷していたロッシは、万全な体調で今年初テストを迎えれば、右手骨折により前回のテストを欠場したヘイデンは、12月29日に左肩肩甲骨を骨折。先週、まだ完治していないことを認めた。

プラマック・レーシングのエクトル・バルベラとカルディオンAB・モータースポーツのカレル・アブラハムは、11月のテストで使用したバイクから改良されたモデルでテストを開始する。

CRT勢では、フォワード・レーシングとアビンティア・レーシング(BQR)が参加を表明。

フォワード・レーシングのコーリン・エドワーズは、BMWエンジンを搭載したシューターのプロトタイプマシンを使用。両肩に不安を抱えるが、ヘレス・サーキットで実施した11月下旬以来2度目のテストに着手。

アビンティア・レーシングは、左手負傷のヨニー・エルナンデェスの代役として、ロベルト・ピエトリとジョルディ・トーレスを召集。カワサキエンジンを搭載するFTRをテストする。

CRT勢のアスパル・チームとスピードマスターは、30日から2日間、バレンシアのリカルド・トルモでプライベートテストを実施。ポール・バート・モータスポーツは、2月20日に初テストを予定している。/p>

当サイトでは、テストのハイライトビデオを提供する。

Tags:
MotoGP, 2012

Other updates you may be interested in ›