初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

M.マルケス、ヘレス欠場もモトクロスを開始

M.マルケス、ヘレス欠場もモトクロスを開始

視力障害に見舞われているマルケスが、今年2度目のオフィシャルテストを欠場するが、モトクロスを利用したトレーニングを開始。復帰に向け、大きく前進したことを証明した。

チーム・カタルーニャ・カイシャ・レプソルは14日、マルク・マルケスが16日から3日間、ヘレス・サーキットで開催される今年2度目のオフィシャルテストを欠場することを発表。モトクロスを使用したトレーニングを開始した。

1月16日にバルセロナ市内の病院で、右上斜筋麻痺を克服する手術を受けたマルケスは、2月8日からバレンシアのリカルド・トルモで行われた今年初テストを見送り、13日に回復状況を確認するため、精密検査を受けた。

「医師が予想した通りに回復している。今はとにかく落ち着かないと。チームと僕は、ヘレスのテストに参加しないけど、バカンスということではない。ここ数日間はフィジカルトレーニングを続け、モトクロスを利用して全開でトレーニングをしている。早くMoto2バイクに乗りたい」と、心境を語った。

チームマネージャーのエミリオ・アルサモーラは、「バイクに乗る具体的な日程は決まっていません。回復具合には満足ですが、時間が必要です。100%の状態に回復したときに、バイクに乗ります」と、慎重な姿勢を見せた。

一部報道されたポルトガル・ポルティマオでのプライベートテストに関しては、「2つのサーキットを含め、計画通りにトレーニングを続けます。ポルティマオとヘレスになると言うことではありません。それは回復状況次第であり、現時点では、テスト日程が決定したと言うことはできません」と、説明した。

Tags:
Moto2, 2012, Marc Marquez, Team Catalunya Caixa Repsol

Other updates you may be interested in ›