初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

L.カピロッシ、安全面の向上を目的にブリヂストンとコラボ

L.カピロッシ、安全面の向上を目的にブリヂストンとコラボ

セーフティアドバイザーに就任したカピロッシが、今年の初テストとなったセパンで、精力的にライダーたちとの接触を開始。安全面の重要や役割を果たすブリヂストンとライダーと良好な三角関係があることを説明した。

ドルナスポーツのセーフティアドバイザー、ロリス・カピロッシは、今年初のオフィシャルテストが開催されたセパン・インターナショナル・サーキットを視察。ブリヂストンとMotoGPライダーたちの関係、将来のMotoGPに関して説明した。

今回サーキットに来ましたが、コースインせず、走行もしませんでした。どんな心境でしたか?
特に初日、ここに着いたとき、サーキットでライダーたちを見るのが辛かったです。1人の観戦者でしたが、この気分は直ぐに消えました。

私は現役からの引退を決断し、22年間、希望していたライダーとして走れたことが幸せです。この数日間は、セーフティアドバイザーとして、ライダーたちと話すためにボックス間を歩き回りました。これは大変ストレンジなことでした。

ドルナからセーフティアドバイザーと任命された経緯を説明してください。
カルメロ(・エスペレータ)とは長く話し合ってきました。彼は常に私が引退したら、ドルナと一緒に働いて欲しいと言ってくれましたが、それは1つのアイデアでした。そして、昨年引退を発表したときに、セーフティアドバイザーとして働くことを決めました。私は2003年からセーフティコミッションに関わり、ライダーの安全面を改善するために素晴らしい仕事をしてきた会議に一度も欠席したことはありませんでした。

今、私の新たな役割は、グランプリ参戦22年間の経験を可能な限り活かして、安全面への支援を続けることです。

今年の第一の目標は何でしょうか?
今年の第一段階は、ブリヂストンとの協力関係を開始し、将来に向けてのワークプランを練ることでした。ブリヂストンは、ライダーの安全面に関して非常に重要であることから、我々の関係も大切です。彼らの仕事と関係を持てることが嬉しいです。

昨年のバレンシアと今回のセパンにおけるミーティングは建設的でした。ブリヂストン、ライダー、私の間のフィーリングは大変良いです。

ライダーたちとの会話において、2012年タイヤに関する反応はどうでしたか?
2012年タイヤの全体的な感触は大変良いです。ライダーたちは、加熱段階のパフォーマンスとそのときにもたらすフィーリングに喜んでします。これはライダーに自信をもたらすため、重要なことになります。その上、セパンで試した実験的なフロントタイヤは、ブリヂストンが継続する開発の方向性を確認することに役立ち、こちらもポジティブでした。

率直に、ものごとは本当に良かったです。ライダーたちのフィードバックをブリヂストンに提供できることが嬉しいです。

新たな役割に対して、ライダーたちの反応は良かったですか?
決定的に。新たな役割に大きな責任があり、タイヤサポートはその一つですが、ライダーの言葉で伝えることが最も重要です。約2ヶ月前からこの役割を担い、幾つかのことを説明してくれましたが、それを他の人に説明することは難しかったです。ライダーたちは私に敬意を払ってくれます。ライダーたちが必要とするアドバイスを提供できるポジションにいます。

MotoGPの将来の方向はどうでしょうか?
今年はCRTの導入により、今までとは大変異なりますが、現在の経済状況を理解し、経費削減ができるように解決策を見つけなければいけません。CRTは最初の一歩。ものごとが改善されるか、2年間はこれに尽くさなければいけません。

短期間で全てのバイクがCRTになると言うには、あまりにも早すぎますが、個人的な意見として、ものごとはこの方向に進まなければいけません。今年はMotoGPのために、ビックチェンジの第一歩になることを期待します。

Tags:
MotoGP, 2012

Other updates you may be interested in ›