初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

A.モンカヨ、ヘレスでも総合3番時計を記録

A.モンカヨ、ヘレスでも総合3番時計を記録

2年間の125ccクラスでは、表彰台獲得は僅か1回だったモンカヨが、2度のオフィシャルテストで連続して3番時計を連発。新天地アスパル・チームでカレックス&KTMを走らせ、ライバルたちに存在感をアピールした。

バンキア・アスパルのアルベルト・モンカヨは、地元ヘレス・サーキットで開催された今年2度目のオフィシャルテストで総合3番手に進出。フル参戦3年目に向けて、好調な仕上がりを見せた。

バレンシアで開催された今年初テスト後、最終日にパワーダウンの原因を調べるためにエンジンを点検すると、初日にパワーが戻ったことを確認。サスペンションとシャーシのセッティングを進めながら、複数のマフラーをテスト。

2日目の7ラップ目、6コーナーで転倒を喫した際に頭部を打ったことからメディカルセンターでの静養を強いられたが、最終日のセッション前に医師団から走行許可を得ると、コンマ8秒差の3番手に入った。

「朝一番にメディカルセンターを訪れ、全てが大丈夫なことを確認。少し頭が痛かったけど、走ることに影響がなかった。コースに出て直ぐにフィーリングが戻り、1日目のタイムが出た。」

「昼にニュータイヤを履き、足周りを少し調整したら、タイムが伸びた。まだ沢山のことを試さなければいけないけど、今回のテストで大きく前進したと思う。タイムは良いけど、リズムに満足。昨日のタイムロスを挽回したことが嬉しい。ファンタスティックな進歩だと思う。次回のテストもこの調子で行きたい。」

バンキア・アスパルは、3月19日から3日間、当地で開催される3度目のオフィシャルテストに参加。開幕への最終準備を行う。

3日目: 1分47秒9 (52ラップ)
2日目: 1分49秒0 (6ラップ)
1日目: 1分48秒7 (51ラップ)

テストベストラップ: 1分42秒2
サーキットベストラップ: 1分42秒706

Tags:
Moto3, 2012, Alberto Moncayo, Mapfre Aspar Team Moto3

Other updates you may be interested in ›