初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

P.エスパルガロ、1年間で3秒短縮

P.エスパルガロ、1年間で3秒短縮

1年前は4ストロークマシンへの順応に戸惑ったエスパルガロ弟だったが、バレンシアで1番時計、ヘレスで4番時計を記録。成長したパフォーマンスで、大きな自信を掴んだ。

ポンス・40・HP・トゥエンティのポル・エスパルガロは、ヘレス・サーキットで開催された今年2度目のオフィシャルテストで総合4番手に進出した。

バレンシアのリカルド・トルモで開催された今年初テストで総合1番手に進出した後、昨年11月下旬に2日間のプライベートテストを実施したトラックに戻って来ると、2日目に11月のベストラップ(1分43秒0)を更新。

最終日に1コーナーと最終コーナーで転倒を喫したが、トップからコンマ2秒差を記録。3日間で163ラップを走行した。

「困難だった2日目の後で、バイクのフィーリングが良くなり、最初の走りだしから速く走れた。ラップタイムがコンマ5秒伸び、コンスタントに1分42秒台で走れた。ケガはなかったけど、2つのアクシデントに苦しんだ。ニューマシンで限界を探っているときだから、通常のことだと考える。」

「1年前、4ストロークマシンの初テストでは1分45秒を突破することができなかったけど、12ヶ月後には、1分42秒台で走れている。信じられない。良い方向性に進んでいると思う。大きな自信となり、テクニカルスタッフたちが僕をサポートしてくれ、走る度に進歩する」と、確かな手応えを掴んだことを説明した。

ポンス・40・HP・トゥエンティは、3月19日から3日間、当地で開催される開幕前最後のオフィシャルテストに参加する。

3日目: 1分42秒4
2日目: 1分42秒8
1日目: 1分43秒2

テストベストラップ: 1分42秒2
サーキットベストラップ: 1分42秒706

Tags:
Moto2, 2012, Pol Espargaro, Tuenti Movil HP 40

Other updates you may be interested in ›