Tickets purchase
VideoPass purchase

ドゥカティ、ヘレスで3日間のテストを実施

テストチームがヘレスで今年2度目のプライベートテストを実施。開発プログラムを継続すれば、サテライトチームのアブラハムとバルベラも召集して、サテライトマシンのセットアップに着手した。

ドゥカティのテストチームは22日、ヘレス・サーキットで3日間のプライベートテストを終了。今後の開発に向けて、データを収集した。

1月17日から3日間のプライベートテストに続き、第2戦スペインGPの舞台で、テクニカルディレクターのフィリッポ・プレジオシが指揮する中、テストライダーのフランコ・バッタイニは、電子制御を中心にテストプログラムを消化。

サテライトチームのカレル・アブラハムとエクトル・バルベラも召集。バッタイニが初日に挙動確認を行ったデスモセディチGP12サテライトマシンを、2日目と3日目に走らせた。

「天候が大変良かったのは幸運でした。そのおかげで、非常に多くの仕事をすることができ、フランコと共にテストチームが予定していた冬のプログラムを継続することができました。電子制御の幾つかの分野に関しては、ファクトリーライダーたちがセパンで仕事を継続します。」

「幾つか興味深いことが見つかり、バイクのセットアップを継続するバレとニッキーが早速マレーシアで確認することになるでしょう。」

「今回トラックを使用できることから、サテライトチームのライダーたちにも走行とセットアップの機会を提供しました」と、プレジオシはテスト後に語った。

ファクトリーチームとサテライトチームは、28日から3日間、第16戦マレーシアGPの舞台となるセパン・インターナショナル・サーキットで開催される今年2度目のオフィシャルテストに参加する。

Tags:
MotoGP, 2012, Ducati Team

Other updates you may be interested in ›