初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

H.バルベラが2連続の総合6番時計

H.バルベラが2連続の総合6番時計

新天地での初テストとなったバレンシアで2日間連続の8番時計を記録したバルベラが、セパンで開催された今年2度目のテストで、前回に引き続き2連続の総合6番時計を記録。を好走見せ、ドゥカティ勢の最高位に位置した。

プラマック・レーシングのエクトル・バルベラは、今年2度目のオフィシャルテストで総合6番時計を記録。2度連続の6番手に進出して、存在感をアピールした。

今年初テストでサテライト勢の最高位となる6番手に進出した後、ドゥカティの招待を受けて、ヘレス・サーキットで開催されたプライベートテストの3日目に参加。デスモセディチGP12サテライトを走る機会に恵まれ、電子制御のプログラムを継続。

今回のテストでは、エンジンのセットアップとリアグリップの改善を目的にテストプログラムを進めると、2日目には初体験のウェット走行中にアクアプレーニングにより転倒を喫したが、3日目には最多の66ラップを走行。2分01秒台を4回、2分02秒台を8回記録。

初テストでは、トップから1.322秒差だったが、0.758秒差までギャップを詰めた。

「最終日に満足。ドゥカティのフィーリングは走る度に良くなっている。アクセレーションのレスポンスは、昨年使用した800ccマシンとは異なるから、その使い方を理解し始めているところ。」

「バイクのパフォーマンスは非常にシンプルだけど、レースを考えて、リズムを良くするために、細かいところを調整しないといけない」と、3月23日からのテストに向けて課題を説明した。

プラマック・レーシングは、新規規定により、レインレースの際に、リアカウルにレッドランプの搭載が義務付けられることから、バイクがもたらす振動と高温の中で、ライトが機能するかテストを行った。

オフィシャルテスト2
3日目-6番手: 2分01秒231 (66ラップ)
2日目-6番手: 2分01秒989 (26ラップ)
1日目-9番手: 2分03秒612 (24ラップ)
オフィシャルテスト1
3日目-6番手: 2分00秒929 (40ラップ)
2日目-6番手: 2分01秒788 (50ラップ)
1日目-7番手: 2分02秒773 (41ラップ)

オフィシャルテストベストラップ
2度目: 2分00秒473
1度目: 1分59秒607

Tags:
MotoGP, 2012, Hector Barbera, Pramac Racing Team

Other updates you may be interested in ›