初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

J.ロレンソがバレンシアでGP2マシンをテスト

J.ロレンソがバレンシアでGP2マシンをテスト

過去、ラリーや耐久レースに参戦経験を持ちロレンソが、F1のヨーロッパラウンドでサポートレースとして開催されるGP2シリーズのマシンを初走行。リン・ジャービスが語ったタイトル争いに関しては、ライバルが沢山いることを語った。

ヤマハ・ファクトリー・レーシング・チームのホルヘ・ロレンソは14日、GP2シリーズに参戦するスペインのバルワ・アダックス・チームの招待を受け、バレンシアのリカルド・トルモで、GP2シリーズマシンを初めて試乗する機会に恵まれた。

プレシーズン最後のオフィシャルテストを1週間後に控えた中、同シリーズに参戦するハビエル・ヴィラの指導を受け、ルノー製のV8エンジンを搭載したイタリアのダラーラ社が開発した第1世代のマシン(車体は3年毎に新設計され、2005年から2007年まで使用され、その後GP2アジアシリーズに流用された)に乗り込んだ。

「唯一の体験。慣れていることとは全く違う。バイクでは時速310キロ。車では時速280キロだけど、路面に近く、バイクよりも速く感じる。ブレーキングがすごい。新たな体験だった。今回初めて車で限界を感じ始めた」と、感想を語った。

リン・ジャービスが、タイトル争いはロレンソとケーシー・ストーナーの一騎打ちになると語ったインタビューに関しては、「現状、ケーシーと僕が最も完成されているライダーだけど、1日でものごとが変わってしまう。本当に僕たちはコンプレートで、まだ若く、昨年のランク1位と2位だから、メーカーが僕たちに賭けたいのは当然のこと。」

「しかし、ペドロサは近い。とても速い。ロッシ?彼は9度のタイトルを獲得して、100勝以上を挙げている。その後には、ヘイデン、ドビツィオーソ、スピースがいる。チャンピオンシップを制覇できるライダーは多い」と、語った。

Tags:
MotoGP, 2012, Jorge Lorenzo

Other updates you may be interested in ›