初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

D.ウェッブ:「マヒンドラへの信頼性はとても高い」

D.ウェッブ:「マヒンドラへの信頼性はとても高い」

マヒンドラが開発するオリジナルマシンを走らせるウェッブが、改善点を説明。トップ10に進出する可能性があることを主張した。

マヒンドラ・レーシングのダニー・ウェッブは、19日からのオフィシャルテストを控え、今年2度のテストを総括。短期間で開発が順調に進んでいることを説明し、序盤からトップ10入りを目指すことを目標に掲げた。

2度のオフィシャルテストを終えての感想は?
良い感触がある。解決する幾つかのことがあるけど、チームは月曜(12日)にテストライダーのリカルド(・モラッティ)と仕事をして、バイクが良くなったことを伝えてくれた。まだ開発の初期段階。KTMとホンダは長い時間を費やして開発をしてきたけど、僕たちにとって、ものごとは順調に進んでいると思う。

僕は素早く4ストロークエンジンに慣れ、あとはアクセレーションとエンジンブレーキをもう少し良くしなければいけないだけ。もし、それらが上手く行けば、僕たちは上位に進出できるだろう。

4ストロークマシンのライディングは?
すごく楽しい。現状、コーナーの進入で少しスライドさせている。これは楽しいけど、ラップタイムの助けにはならない。そこがKTMとホンダとのギャップだから、解決できれば、もっと接近できると思う。

KTM勢とホンダ勢に対して、開発が遅れている分野は?
コーナーの進入と出口だと思う。コーナリングは良い。ビニャーレスや他の上位陣のリズムについて行くことができる。あと低速コーナーを改善しないと。ハードブレーキング、ギアチェンジ、そして、立ち上がりでポテンシャルを活かすことを改善しないといけない。

今年期待することは?
序盤にトップ10に進出したい。その後にトップ5入り。バイクへの信頼感はとても、とても高い。今、説明したことが解決すれば、上位に進出する自信がある。自信過剰にはなりたくない。ステップ・バイ・ステップで行きたい。

Moto3に順応するために、ライディングスタイルの改善が必要だったか?
すごく!最初は、僕のスタイルが2ストロークよりも合っていると考えていたから、すごく簡単だと思っていた。バイクをアグレッシブに走らせることが好きで、このバイクならできるかもしれない。

君とチームメイトのマンセル・シュレッターは、どのように開発に関与しているか?
マンセルと僕は親密な協力関係の下で働き、印象を交換して、チームに伝えている。もちろん、チームはデータを分析して、僕たちの意見を確認することができる。同じ意見を持つ2人のライダーを起用することは、マヒンドラにとって良いことだと思う。

君とマンセルは似たようなライダーだろうか?チームへのフィードバックは似ているか?
その通り。彼のライディングは僕とは少し違うから、シャーシのセットアップが少し異なる。そのことを除けば、すごく似ている。エンジンに関しては、同じフィーリングがある。データを共有することは重要ではない。お互いに助け合うことが大切。

今年の有力候補は?ライバルは?
ビニャーレスとコルテセ。KTMのオフィシャルライダーは、上位に進出するだろう。マンセルと僕は彼らと一緒に走ることができるだろう。僕たち2人は同じレベル、同じスピードがあり、彼が僕の最大のライバルになるかもしれない。彼を破るためにコースに出る。

Tags:
Moto3, 2012, Danny Webb, Mahindra Racing

Other updates you may be interested in ›