初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

パワー・エレクトロニクス・アスパル・チームが地元バレンシアで発表会

パワー・エレクトロニクス・アスパル・チームが地元バレンシアで発表会

23日からのオフィシャルテストを前に、アスパル・チームは発表会を行い、タイトルスポンサーのパワー・エレクトロニクス社の企業カラーであるブルーをメインとしたニューデザインを披露した。

パワー・エレクトロニクス・アスパル・チームは20日、バレンシア市内で2012年プロジェクトを発表。ニューデザインのカラーリングを初披露した。

3年目の最高峰クラスに挑戦するアスパル・チームは、ランディ・ド・プニエとアレックス・エスパルガロを起用。CRTクレイミング・ルール・チームとして、ARTアプリリア・レーシング・テクノロジーが開発するマシンを使用し、今年に入り、バレンシア、ヘレス・アラゴンでプライベートテストを実施してきた。

2月15日には、電子ソフトスタータメーカー、パワー・エレクトロニクス社をタイトルスポンサーとして支援することを発表。

今回の発表会では、バレンシア州政府をはじめ、チームスポンサー関係者らが出席した中、チーム代表のホルヘ・マルティネス・アスパルとパワー・エレクトロニクス社社長のアベラルド・サルバがニューカラーリングを披露した。

「私とパワー・エレクトロニクス・アスパル・チームにとって、CRTの新しいカテゴリーはナイスなチャレンジです。昨年までは1人を起用していましたが、今年は2人。この新たなプロジェクトに大きな期待感があります。ここまでのテストはエクセレント。モチベーションが高いです。」

「パワー・エレクトロニクス社の信頼に感謝します。新たに協力が得られる複数の企業にも感謝します。私の世界であるモーターサイクルで成長が続くことが嬉しいです。ポジティブなリザルトとイメージで信頼感に応えたいです」と、アスパルは挨拶の言葉を送った。

Tags:
MotoGP, 2012, Aleix Espargaro, Randy de Puniet, Power Electronics Aspar

Other updates you may be interested in ›