初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

D.ケント、飛躍の2年目を約束する総合2番時計

D.ケント、飛躍の2年目を約束する総合2番時計

フル参戦2年目、Moto3クラ1年目に挑むケントが、プレシーズン3度のテストで3番手、1番手、2番手に進出。開幕戦に向けて、戦闘力の高さを証明した。

レッドブル・KTM・アジョ・ファクトリー・レーシングのダニー・ケントは、ヘレス・サーキットで開催された今年3度目のオフィシャルテストで総合2番時計を記録。フル参戦2年目に向けて、好走を見せた。

事前テストの成果を活かして、リカルド・トルモで開催された今年初テストで総合3番手に位置すると、当地で開催された今年2度目のテストで3日間連続の1番時計を記録。

プレシーズン最後のテストも初日から連続して総合3番時計を刻むと、最終日の合同セッションで転倒を喫したが、単独セッションで1番時計を記録。3日間総合でトップから0.424秒差の2番手だった。

「グッドなテストとなった。すごく嬉しい。最初の2日間は前回のテストと正確に同じようなフィーリングがなかったけど、最終日の変更によって、再びビックステップを果たした。状況は良いようだ。転倒で自信を失うことはなかった。シーズンの開幕に向けて、自分に自信があるけど、地に足を付けないといけない」と、気を引き締めた。

チームマネージャーのアキ・アジョは、「全体的に良く、嬉しいですが、新たなプロジェクトがスタートしたばかりだと言うことを思い出さなければいけません。我々は懸命に働いていますが、まだやるべきことが沢山あり、バイクとプロジェクトを学習する目的で大量の情報を分析しなければいけません。」

「好天候に恵まれたのは幸運でした。特に火曜と水曜のテストにおいて、分析のための良い情報を沢山収集することができました」と、開幕戦に向けて準備が続くことを説明した。

オフィシャルテスト‐3 (3月19日~21日)
3日目単独: 1分47秒262 (15ラップ) - 1番手
3日目合同: 1分48秒748 (11ラップ) - 12番手
2日目単独: 1分47秒873 (9ラップ) - 3番手
2日目合同: 1分47秒854 (38ラップ) - 2番手
1日目単独: 走行なし
1日目合同: 1分48秒074 (51ラップ) - 3番手

オフィシャルテスト‐2 (2月16日~18日)
3日間最速: 1分47秒1 – 1番手

オフィシャルテストのベストラップ: 1分46秒838

Tags:
Moto3, 2012, Danny Kent, Red Bull KTM Ajo

Other updates you may be interested in ›