初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

オフィシャルテスト3日目:C.ストーナーが3連続の総合1番時計

オフィシャルテスト3日目:C.ストーナーが3連続の総合1番時計

セパンで開催された2度のテストを制したストーナーが最速リズムと最速ラップを刻み、今年3度目のオフィシャルテストも総合1番手に進出。ロレンソとペドロサがレースシミュレーションでハイペースを刻め、スピース、クラッチローがトップ5入り。ロッシは初日から1.2秒アップで一気に6番手に浮上すれば、ド・プニエが1.8秒差でCRT勢最高位の13番手に入った。

MotoGPクラスのオフィシャルテスト3日目、最終日は25日、ヘレス・サーキットで行われ、ケーシー・ストーナーがトップタイムをマーク。開幕直前となった今年3度目のテストを制しただけでなく、今年3度のテストで3連続の総合1番時計を記録した。

気温19度。路面温度29度。風速30キロのドライコンディションの中、11時過ぎからテストを開始した2日目18番手のストーナーは、13時40分過ぎから連続11ラップを実行すると、1分39秒台を9回記録するハイペースで周回。

1分39秒台を21回記録した後の17時30分過ぎには、1分38秒台を3回記録。プレシーズン最後のラップとなった61ラップ目には、1分38秒780の1番時計を記録して、テストを締め括った。

2日目13番手のホルヘ・ロレンソは、12時分過ぎに1分39秒台を突破すると、15時過ぎから連続27ラップのレースシミュレーションを実行して、1分39秒台を1回、1分40秒前半を22回、1分40秒後半を3回記録。合計84ラップ中1分39秒台を9回、1分40秒台を43回記録し、0.173秒差の2番手に進出した。

2日目12番手のダニ・ペドロサも連続27ラップのレースシミュレーションを実行。1分40秒台を24回記録するリズムを刻めば、73ラップを走行して1分39秒台を7回記録。0.377秒差の3番手に位置した。

2日目3番手のベン・スピースは、1分39秒台を4回記録。0.715秒差の4番手に入れば、カル・クラッチローは1分39秒台を4回記録。0.805秒差の5番手に進出した。

2日目19番手のバレンティーノ・ロッシは、1分39秒台を2回記録した後、最後のコースインでプレシーズン初めてとなるロングラン‐連続14ラップを実行して、1分40秒後半から1分41秒前半のリズムで周回。初日から1.187秒アップして、0.953秒差の6番手に浮上すると、アンドレア・ドビツィオーソとニッキー・ヘイデンも1分39秒台を1回ずつ記録した。

アルバロ・バウティスタとステファン・ブラドルは、連続21ラップと19ラップのロングランを行い、トップ10入りすれば、エクットル・バルベラ、カレル・アブラハムも1分40秒台を記録した。

CRTクレイミング・ルール・チーム勢では、ランディ・ド・プニエが唯一1分40秒台に進出。トップから1.821秒差、トップ5から1.016秒差の13番手に入り、アレックス・エスパルガロとダニロ・ペトルッチは1分41秒台に乗せた。

最下位22番手のヨニー・エルナンデェスは、最後のコースンで1分42秒台に入り、4.126秒差だった。

全14チーム21人のMotoGPライダーたちは、4月5日にカタールの首都ドーハに再集結。8日に2012年シーズンに開幕戦カタールGPの決勝レースを行う。

 

オフィシャルテストリザルト

 

Tags:
MotoGP, 2012

Other updates you may be interested in ›