初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

アンブロージョ・ネクスト・レーシング、課題はエンジン

アンブロージョ・ネクスト・レーシング、課題はエンジン

プレシーズン最後のオフィシャルテストに参加したグロティスキが、アプリリア125の車体にオーラル・エンジニアリングが開発したエンジンとパーツを搭載したプロトタイプマシンを走行。エンジンをカタールに送らず、イタリアで開発を継続する。

アンブロージョ・ネクスト・レーシングは、ヘレス・サーキットで開催されたオフィシャルテストに参加。シモーネ・グロティスキが開幕戦カタールGPに向けて準備を進めた。

昨季、右手首と右手小指を骨折して終盤5戦に欠場しながら、イタリア勢の最高位となるランク16位に進出したグロティスキは、2月26日に同チームからの継続参戦が決まったことから、今回がテスト初参加。

チームメイトのギウリアン・ペドーネは、当地で開催された今年2度目のテストで手首を骨折したことから、チームは昨季負傷代役として6戦に起用したマヌエル・タタスシオーレを召集した。

アプリリア125の車体にオーラル・エンジニアリングが開発したエンジンとパーツを搭載したプロトタイプマシンを走らせたが、参加33人中、タタスシオーレは4.959秒差の総合31番手、グロティスキは5.482秒差の32番手。

チーム代表のフィオレンソ・カポネラは、「プロジェクトは、他と比較して、スタートしたばかりです。まだ開発の諸段階で、安定性を追求しているところ。それがメインターゲットです。」

「最終日の最後のセッションをキャンセルすることを決断しました。今はエンジンのパフォーマンスを高めることより、安定性を追求することが必要なことから、エンジンをイタリアに持ち帰り、最後の瞬間まで仕事を続け、カタールに送ります」と、課題を説明した。

ペドーネは、開幕戦カタールGPに向けて、リハビリを続けている。

S.グロティスキ
3日目単独: 走行なし
3日目合同: 1分52秒320 (25ラップ) - 30番手
2日目単独: 1分53秒205 (7ラップ) - 23番手
2日目合同: 1分52秒652 (35ラップ) - 30番手
1日目単独: 1分43秒209 (8ラップ) - 5番手
1日目合同: 1分53秒668 (17ラップ) - 28番手

オフィシャルテストのベストラップ: 1分46秒838

Tags:
Moto3, 2012, Simone Grotzkyj, Ambrogio Next Racing

Other updates you may be interested in ›