初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

アスパル・チームが3クラス挑戦の2012年体制を発表

アスパル・チームが3クラス挑戦の2012年体制を発表

3年連続して3クラスに挑戦するアスパル・チームが2012年プロジェクトを発表。元125ccクラス王者アスパルが指揮する下、チャンピオンシップ最多となる9人体制で、タイトル獲得、上位進出に挑戦すること宣言した。

アスパル・チームは28日、スペインの首都マドリードで、2012年プロジェクトを発表。3年連続して、3クラスに参戦するチーム体制を紹介した。

Moto2クラスのタイトルスポンサーであるマプフレ社のコンベンションセンターで、CRTクレイミング・ルール・チームとして挑戦するパワー・エレクトロニクス・アスパル・チーム、中量級に参戦するマプフレ・アスパル・チーム、初のMoto3クラスに挑むバンキア・アスパル・チームが勢揃い。

チームオーナー兼チームマネージャーのホルヘ・マルティネス・アスパルは、「毎年、高い目標に挑戦することを計画し、我々は目標を達成してきました。昨年は125ccクラスで再びチャンピオンに輝き、成長は止まりません。チームのベースはエクセレント。スポンサーとのパートナーシップは大変素晴らしく、結束された大家族に大きな満足感があります。」

「Moto3は挑戦。再びベストとなることに挑みます。Moto2は2人のチャンピオンを起用し、高いところで戦います。そして、MotoGPでは、新たなコンセプトにおいて、ベストとなるためのビックなチャレンジが控えています」と、目標を語った。

Tags:
MotoGP, 2012, Mapfre Aspar Team Moto2, Mapfre Aspar Team Moto3, Power Electronics Aspar

Other updates you may be interested in ›