Tickets purchase
Videopass purchase

フリー走行2:C.ストーナーが2連続の1番時計

フリー走行1を制したストーナーが1分56秒台を突破。連続の1番時計を刻めば、ロレンソがコンマ2秒差の2番手。ドビツィオーソ、スピース、バルベラが続き、転倒を喫したペドロサが6番手まで挽回。ロッシは連続の10番時計。CRT勢ではエドワーズが最高位の13番手に入った。

開幕戦カタールGPのフリー走行2は6日、ロサイル・インターナショナル・サーキットで行われ、ケーシー・ストーナーがトップタイムをマークした。

気温27度。路面温度26度のドライコンディションの中、初日のフリー走行1を制したストーナーは、1分56秒台を4回記録。1分55秒960の1番時計を刻み、連続してセッションを制した。

フリー走行1で2番手だったホルヘ・ロレンソは、1分56秒台を最多の8回記録。0.214秒差の2番手を維持すれば、フリー走行1で7番手のアンドレア・ドビツィオーソは、最多の19ラップを走行して1分56秒台を2回記録。0.688秒差の3番手に浮上。ベン・スピースは1分56秒台を2回記録。4番手を維持した。

フリー走行1で9番手のエクトル・バルベラは、1分56秒台を3回記録。0.718差の5番手に入り、ドゥカティ勢の最高位に進出。

フリー走行1で5番手だったダニ・ペドロサは、5ラップ目の9コーナーで転倒を喫したが、マシンを乗り換えて6番手。ニッキー・ヘイデン、カル・クラッチロー、ステファン・ブラドルが続いた。

フリー走行1で10番手のバレンティーノ・ロッシは、1分57秒台を10回記録して、1.314秒差の10番手。

14番手だったコーリン・エドワーズは、2.841秒差の13番手に入り、CRT勢の最高位に進出。ランディ・ド・プニエも1分58秒台に入った。

Tags:
MotoGP, 2012, FP2

Other updates you may be interested in ›