Tickets purchase
VideoPass purchase

ウォームアップ走行:ラバット&エスパルガロが1・2番手

7番グリッドのラバットが最速リズムと最速ラップで中量級初の1番時計を記録すれば、チームメイトのエスパルガロが2番手に再浮上。ポールポジションのルティは3番手。中上と高橋は5番手と27番手だった。

開幕戦カタールGPのウォームアップ走行は7日、ロサイル・インターナショナル・サーキットで行われ、エステベ・ラバットがトップタイムをマークした。

気温26度。路面温度26度のドライコンディションの中、7番グリッドのラバットが2分00秒台を5連発。予選タイムを更新する2分00秒525の1番時計を刻み、中量級で初めてセッションを制した。

公式予選で最速リズムを刻んだ4番グリッドのポル・エスパルガロは、2分00秒台を3回記録して、0.152秒差の2番手に浮上。

ポールポジションを獲得したトーマス・ルティは、2分00秒台を2回記録。0.413秒差の3番手に後退すれば、3番グリッドのアンドレア・イアンノーネは、2分00秒台を2回記録して4番手。

9番グリッドの中上貴晶は、2分01秒台を4回記録。0.483秒差の5番手に進出して、週末の最高位に進出すれば、マイク・ディ・メッリオ、ブラドリー・スミス、フリアン・シモン、クラウディオ・コルティ、シモーネ・コルシがトップ10入り。

2番グリッドのマルク・マルケスは、1.034秒差の12番手。

25番グリッドの高橋裕紀は、3.189秒差の27番手だった。

Tags:
Moto2, 2012, WUP

Other updates you may be interested in ›