初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

H.バルベラ:「最終的なリザルト以上に満足」

H.バルベラ:「最終的なリザルト以上に満足」

後方からの追い上げを見せたバルベラは、6位獲得に挑戦して、コースアウトを喫したが、レース内容に手応えを掴み、次戦のホームレースで再度ファクトリー勢に挑戦することを誓った。

プラマック・レーシングのエクトル・バルベラは、開幕戦カタールGPの決勝レースで、8番グリッドから6位争いを展開。9位でフィニッシュしたが、リザルト以上にレース内容に満足感を得たことを説明した。

新天地に移籍してから、じっくりとセットアップに専念。フリー走行1で9番手発進すると、フリー走行2で5番手、フリー走行3で6番手に入り、ドゥカティ勢の最高位に進出。

3列目からスタートした決勝レースでは、オープニングラップで10番手、2ラップ目には12番手に後退したが、カレル・アブラハム、バレンティーノ・ロッシ、ベン・スピースを抜き、中盤からアルバロ・バウティスタ、ニッキー・ヘイデンとのバトルを展開しながら、3秒差のステファン・ブラドルを追走。

ラスト7ラップから4人による6位争いが始まり、最終ラップにグループ内のトップに飛び出そうしたが、1コーナーでオーバーランを喫した。

「最終的な結果以上にレース内容に満足。ラップタイムを見ると、僕のレースリズムからして5位、6位になれたから、スタートが悪かったのは残念。このトラックでのパッシングポイントは2ヶ所だけで、6位にトライできそうだったから、トライしなければいけなかった。」

「コースに飛び出してしまったのは残念。バイクはグッド。目標はドゥカティ勢の最高位で、疑いなしに達成できそうだった。このバイクは扱いやすい。僕たちに満足感をもたらしてくれることは確かだ。次はヘレス。冬に良い仕事をした大好きなトラックだ。」

週末にはファクトリーライダーたちが使用するデスモセディチGP12に乗り換えず、サテライトマシンの継続使用を希望したバルベラは、第2戦スペインGPで再度ファクトリー勢に挑戦する。

Tags:
MotoGP, 2012, COMMERCIALBANK GRAND PRIX OF QATAR, Hector Barbera, Pramac Racing Team

Other updates you may be interested in ›