Tickets purchase
VideoPass purchase

ロレンソが2戦連続のPP、スピースが2列目を確保

ロレンソが2戦連続のPP、スピースが2列目を確保

ヘレスで2連勝のロレンソが、開幕から2戦連続のトップグリッドを獲得すれば、ウェットセッションで苦しんだスピースだったが、ドライの予選で5番手まで巻き返した。

ヤマハ・ファクトリー・レーシング・チームのホルヘ・ロレンソは、第2戦スペインGPの公式予選で1番時計を記録。2戦連続のポールポジションを奪取すれば、ベン・スピースが6番時計を刻んだ。

フリー走行3で2番手のロレンソは、1分40秒台を4回記録した後に1分39秒台を2回記録。1分39秒739の1番時計を刻み、2001年にバレンティーノ・ロッシが達成して以来となる開幕から2戦連続のトップグリップを獲得。

「ポールポジションがすごく嬉しい。ストレンジなセッションだった。ウェットパッチがたくさんあり、非常に危険だった。簡単に転んでしまい、怪我をしてしまうから、注意深く走らなければいけなかった。ファーストポジションからのスタートだから、レースが楽しみだ」と、予選を振り返った。

フリー走行総合で12番手だったスピースは、1分41秒台を3回記録。1.558秒差の5番手まで巻き返した。

「すごくスケアリーな(おっかない)セッションだった。トラックは濡れていて、その後に良くなったけど、走りたい走行ライン上が何ヶ所か濡れていた。セッションの前半は、週末で初めてドライだったから、ハードに走らなければいけなかった。」

「1列目に入ることができたと思うけど、雨雲が見えたから、タイヤの装着タイミングを少しミスってしまった。2列目が嬉しい」と、天候に左右されたことを説明した。

Tags:
MotoGP, 2012, GRAN PREMIO bwin DE ESPANA, Jorge Lorenzo, Ben Spies, Yamaha Factory Racing

Other updates you may be interested in ›