Tickets purchase
Videopass purchase

ウォームアップ走行:D.ペドロサが週末3度目の最速ラップ

2番グリッドのペドロサが週末3度目となる1番時計を記録。3番グリッドのヘイデンがコンマ4秒差の2番手に進出すると、ドビツィオーソ、ロレンソ、ロッシが続き、ストーナーはコースインしたが、直ぐにボックスに戻り、走行を終了した。

第2戦スペインGPのウォームアップ走行は29日、ヘレス・サーキットで行われ、ダニ・ペドロサがトップタイムをマークした。

気温12度。路面温度13度のウェットコンディションの中、2番グリッドのペドロサは、1分51秒台を3回、1分50秒台を1回記録。1分50秒860で週末3度目の1番時計を刻んだ。

3番グリッドのニッキー・ヘイデンは、1分52秒台を2回、1分51秒台を1回記録して、0.480秒差の2番手に進出。

7番グリッドのアンドレア・ドビツィオーソは、1分52秒台を2回、1分51秒台を2回記録して、0.617秒差の3番手に浮上すると、ポールポジションのホルヘ・ロレンソは、1分52秒台を5回、1分51秒台を1回記録して、1.123秒差の4番手。

13番グリッドのバレンティーノ・ロッシは、1分52秒台を9連発。1.201秒差の5番手に浮上すると、カレル・アブラハム、ベン・スピース、エクトル・バルベラ、ステファン・ブラドルが続いた。

14番グリッドのアレックス・エスパルガロは、1分52秒台に進出して、CRT勢最高位となる2.08秒差の10番手に進出。

4番グリッドのカル・クラッチローは、2.285秒差の12番手。

5番グリッドのケーシー・ストーナーは、コースインしたが、1ラップを走らずに、直ぐにボックスに戻った。

Tags:
MotoGP, 2012, WUP

Other updates you may be interested in ›