Tickets purchase
VideoPass purchase

決勝レース:C.ストーナーが最高峰クラスでエストリル初優勝

ポールポジションのストーナーがオープニングラップからトップを堅守。最高峰クラスに進出してから、エストリルで初優勝を飾り、ポイントリーダーに飛び出すと、ロレンソ、ペドロサ、ドビツィオーソ、クラッチローが続き、ロッシが今季最高位となる7位でフィニッシュ。エスパルガロがCRT勢で最高位となる12位でチェッカーを受けた。

第3戦ポルトガルGPの決勝レースは6日、エストリル・サーキットで行われ、ケーシー・ストーナーが優勝を飾り、ポイントリーダーに飛び出した。

気温17度。路面温度35度のドライコンディションの中、ウォームアップ走行で公式予選のタイムを突破したポールポジションのストーナーが、オープニングラップでトップに立つと、1分37秒台のリズムで周回を重ね、当地では、250ccクラスに参戦した2005年以来、最高峰クラスでは初めてトップでチェッカーを受けた。

4番グリッドのホルヘ・ロレンソは、オープニングラップに2番手に進出。12ラップ目には0.130秒差にまで接近したが、最後は1.421秒差で2戦連続の2位。

2番グリッドのダニ・ペドロサは、ホールショットを決めたが、終始3番手を走行。開幕から3戦連続の表彰台を獲得して、通算100度目の表彰台を飾った。

7番グリッドのアンドレア・ドビツィオーソは、3番グリッドのカル・クラッチローとのバトルに競り勝ち、4位に進出すると、6番グリッドのアルバロ・バウティスタは、2戦連続の6位でフィニッシュ。

9番グリッドのバレンティーノ・ロッシは、26.797秒差の7位に入り、今季の最高位に進出。ベン・スピース、ステファン・ブラドル、エクトル・バルベラがトップ10入り。

CRT勢では、12番グリッドのアレックス・エスパルガロが、チームメイトのランディ・ド・プニエに競り勝って、最高位となる12位でゴールした。

チャンピオンシップは、ランク2位のストーナーがポイントリーダーに浮上。ランク2位のロレンソに1ポイント差、ランク3位のペドロサに14ポイント差のアドバンテージを得た。

次戦フランスGPは、ルマンで5月18日に開幕。20日に決勝レースが行われる。

Tags:
MotoGP, 2012, RAC

Other updates you may be interested in ›