初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

第4戦フランスGP:MotoGP™クラスプレビュー

第4戦フランスGP:MotoGP™クラスプレビュー

欧州ラウンド幕開けの2連戦で2連勝を決めたストーナーが、昨年独走優勝したルマンにポイントリーダーとして、ランク2位のロレンソ、ランク3位のペドロサの挑戦を受ける。ランク4位のクラッチローとランク5位のドビツィオーソはチームのホームレースにチャレンジ。ルマン最多の3勝を誇るロッシは、昨年唯一表彰台を獲得したトラックで上位陣とのギャップを詰めに行く。

第4戦フランスGPは、18日にルマン‐ブガティ・サーキットで開催。20日に決勝レースが行われ、ケーシー・ストーナーがポイントリーダーとして登場する。

開幕戦では腕上がりにより、優勝を逃したストーナーだったが、ヨーロッパランドの緒戦となったヘレスでキャリア初優勝を挙げると、エストリルでは最高峰クラスで初めてポールポジションを獲得した後に初優勝。今週末は、昨年10年目の挑戦で初めてポールポジションを獲得して、初めて優勝を飾ったトラックに、腕上がりの状態を良くして乗り込む。

1ポイント差のランク2位、ホルヘ・ロレンソは、開幕戦で初優勝を飾った後、過去に優勝を重ねてきたヘレスとエストリルで連続の2位。最高峰クラスで2位‐優勝‐優勝‐4位を獲得した舞台でポイントリーダーの奪回に挑む。

14ポイント差のランク3位、ダニ・ペドロサは、昨年に続き開幕から3戦連続の表彰台を獲得。昨年は接触転倒により、右鎖骨を骨折したが中盤まで優勝争いを展開していた。

ランク4位のカル・クラッチローとランク5位のアンドレア・ドビツィオーソにとっては、チームとチームのタイトルスポンサーのホームレース。クラッチローは、ルマン初挑戦となった昨年転倒リタイヤ、ドビツィオーソはシーズンのベストリザルトタイとなる2位を獲得していた。

ランク9位のバレンティーノ・ロッシは、前戦で今季最高位の7位に進出。ルマンでは最多の3勝を誇り、昨年は2位争いを展開して、シーズン唯一の表彰台となる3位を獲得した。

地元の期待が集まるのは、ランディ・ド・プニエ。昨年は転倒リタイヤと最高峰クラスに進出してからはホームトラックで好成績を残していないが、今年はCRT勢の最高位を狙うだけでなく、サテライト勢に挑戦する。

前戦で左鎖骨を骨折したコーリン・エドワーズは、欠場を強いられるが、チームは負傷代役として、2007年にフラッグ・トゥ・フラッグとなったレースを制したクリス・バーミューレンを起用する。

Tags:
MotoGP, 2012, MONSTER ENERGY GRAND PRIX DE FRANCE

Other updates you may be interested in ›