初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ヤマハのロレンソ&スピースはトップ5入り

ヤマハのロレンソ&スピースはトップ5入り

昨年4位と6位だったヤマハの両雄。2度の優勝経験があるロレンソは、安定したラップタイムで周回を重ねれば、スピースは安定感が増し、連続してトップ5に進出した。

ヤマハ・ファクトリー・レーシング・チームのホルヘ・ロレンソは、第4戦フランスGPの初日に総合3番手。ベン・スピースは、総合5番手に進出した。

ランク2位のロレンソは、フリー走行1で6番手だったが、フリー走行2では1分34秒台を連続12回、最多の16回を記録。0.396秒差の3番手に浮上した。

「午前はコーナーの進入で幾つか問題があり、バイクへの信頼がそれほどなかった。午後、リアを幾つか変更したら、フィーリングとラップタイムがすごく良くなった。」

「半分の距離にあたるレースシミュレーションを行い、グッドなリズムで走れた。ドライレースに向けて準備ができたけど、雨が降ると言う。天候は変わりやすい」と、雨が予報される2日目以降に向けて気を引き締めた。

ランク11位のスピースは、最初のセッションで4番手に進出した後、2度目のセッションでは、3コーナーで転倒を喫した後に2号車に乗り換えて1分34秒台を4回記録。0.727秒差の5番手に入った。

「今日はOK。エストリルの後で、2度のセッションで連続してトップ5に入った。午後に少しミスを犯してしまった。1コーナーと2コーナーに速く入り過ぎて、曲がり切れなかった。2号車に乗り換え、直ぐに速く走れたから嬉しい。バイクはすごく良く機能するようだ。この調子で行きたい。明日が楽しみだ」と、幸先のスタートを切ったことを語った。

Tags:
MotoGP, 2012, MONSTER ENERGY GRAND PRIX DE FRANCE, FP2, Jorge Lorenzo, Ben Spies, Yamaha Factory Racing

Other updates you may be interested in ›