Tickets purchase
Videopass purchase

ウォームアップ走行:C.クラッチローが転倒後に初の1番時計

5番グリッドのクラッチローが転倒を喫した後に2年目の4戦目で初めての最速ラップをマーク。2番グリッドのストーナー、ポールポジションのペドロサが続き、ロッシとヘイデンが4番手と5番手に進出。ロレンソは6番手だった。

第4戦フランスGPのウォームアップ走行は20日、ルマン‐ブガティ・サーキットで行われ、カル・クラッチローがトップタイムをマークした。

気温15度。路面温度11度のウェットコンディションの中、5番グリッドのクラッチローが2ラップ目に転倒を喫したが、1分47秒台を1回、1分46秒台を3回記録。1分46秒095でキャリア初の1番時計を刻んだ。

2番グリッドのケーシー・ストーナーは、1分47秒台を2回、1分46秒台を2回記録。0.092秒差の2番手を維持すれば、ポールポジションのダニ・ペドロサは、1分47秒台を2回、1分46秒台を2回記録。0.328秒差の3番手に後退。

7番グリッドのバレンティーノ・ロッシは、1分47秒台を2回、1分46秒台を3回記録。0.443秒差の4番手に浮上すると、11番グリッドのニッキー・ヘイデンは、1分47秒台を1回、1分46秒台を2回記録して5番手。

4番グリッドのホルヘ・ロレンソは、1分47秒台を3回、1分46秒台を1回記録。0.727秒差の6番手に入れば、3番グリッドのアンドレア・ドビツィオーソ、エクトル・バルベラ、カレル・アブラハム、ベン・スピースがトップ10入り。

18番グリッドのダニロ・ペトルッチは、1分48秒台に乗せて、2.531秒差でCRT勢の最高位となる11番手に進出。12番グリッドのランディ・ド・プニエは17番手だった。

Tags:
MotoGP, 2012, WUP

Other updates you may be interested in ›