初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

レプソル・ホンダ、今季ワーストリザルトの3‐4位

レプソル・ホンダ、今季ワーストリザルトの3‐4位

開幕から4戦連続のダブル表彰台を逃したが、ストーナーは19戦連続の表彰台を獲得。ペドロサは昨年転倒から負傷したレースで4位に入り、タイトルスポンサーのホームレースとなる次戦に弾みをつけた。

レプソル・ホンダのケーシー・ストーナーは、第4戦フランスGPの決勝レースで2番グリッドから3位。ダニ・ペドロサは、ポールポジションから4位でフィニッシュした。

昨年ポール・トゥ・フィニッシュを決めたレースに、2番グリッドからスタートしたストーナーは、オープニングラップから2番手を走行。最終ラップにポジションを落としたが、3位でフィニッシュして、19戦連続の表彰台を確保した。

「表彰台が嬉しい。レース序盤、カル、バレンティーノ、アンドレアから大きくプレッシャーを受けたけど、少し離すことができ、ホルヘに挑戦した。雨が降り止み、トラック上の水が引けると、タイヤの温度が大きく上昇して、スピニングが始まり、どうすることもできなかった。」

「バレンティーノとのバトルは楽しかった。クリーンな抜きあいだったけど、彼の方がリズムが良かったので、抜かれたときには追いかけることができなかった。今日できることを精一杯やり、表彰台はグッドなリザルトだ」と、3位に終わったレースを振り返った。

昨年2位争い中に接触転倒を喫して右鎖骨を骨折したペドロサは、ポールポジションから単独走行で4位。今季初めて表彰台を逃した。

「コーナーの立ち上がりで、特に1速と2速でトラクションがなく、前に行くことができなかった。ウォームアップ走行後、少し改良するためにセッティングを変更したら、裏目に出てしまったけど、これは起こること。レースが始まって直ぐに、今日の僕の日ではないことに気づいたから、必要以上のリスクを冒さなかった。テック3の2人が転倒したのは幸運。」

「ロレンソから大きくポイント差が開いてしまったけど、チャンピオンシップは長いから、その内に僕たちのチャンスが来るだろう。カタルーニャのことを考えなければいけない。モチベーションが高まる。チームはとても良く働いている。グッドなバイクがあり、全てのレースで速かったけど、決定力が不足していた。もう少しスピードアップができるか、シーズンの初優勝ができるか見てみよう」と、次戦に向けて気持ち切り替えた。

Tags:
MotoGP, 2012, MONSTER ENERGY GRAND PRIX DE FRANCE, Casey Stoner, Dani Pedrosa, Repsol Honda Team

Other updates you may be interested in ›