Tickets purchase
Videopass purchase

フリー走行2:T.ルティが初日連続の1番時計で会心のスタート

前戦の勝者ルティが1番時計を連発して、開幕戦以来となる初日総合トップに立つと、レディング、エスパルガロ、イアンノーネ、デ・アンジェリスが続き、中上がフリー走行1の19番手から6番手に浮上。マルケスは12番手。高橋は19番手だった。

第5戦カタルーニャGPのフリー走行2は1日、カタルーニャ・サーキットで行われ、トーマス・ルティがトップタイムをマーク。初日を制した。

気温28度。路面温度50度のドライコンディションの中、最初のセッションを制したルティは、転倒を喫したが、1分47秒台を最多の5回、1分46秒台を1回記録。フリー走行1のラップタイムを更新できなかったが、1分46秒768の1番時計を刻んだ。

フリー走行1で3番手だったスコット・レディングは、1分47秒台を4回記録。0.403秒差の2番手に進出すれば、フリー走行1で2番時計を記録したポル・エスパルガロは、1分47秒台を5回記録。0.830秒差の3番手に位置。

午前の走行で20番手だったアンドレア・イアンノーネは、1分47秒台を2回記録して、0.845秒差の4番手に浮上。アレックス・デ・アンジェリスは、1分47秒台を2回記録して、トップ5入り。

フリー走行1で19番手の中上貴晶は、1分47秒台を2回記録。0.929秒差の6番手に入ると、ヨハン・ザルコ、ランディ・クルメンナッハ、シモーネ・コルシ、トニ・エリアスがトップ10入り。

フリー走行1で12番手のマルク・マルケスは、1分48秒台を7回記録して、1.403秒差の12番手。

フリー走行1で21番手の高橋裕紀は、最終ラップに1分48秒台に乗せて、1.750秒差の19番手だった。

Tags:
Moto2, 2012, FP2

Other updates you may be interested in ›