Tickets purchase
VideoPass purchase

フリー走行1:T.ルティが2戦連続の1番時計発進

フリー走行1:T.ルティが2戦連続の1番時計発進

ランク3位のルティが最初のセッションで2戦連続3度目の1番手に進出。ポイントリーダーのエスパルガロはコンマ5秒差の2番手。レディング、ディ・メッリオ、カリオが続き、ランク2位のマルケスは1.3秒差の12番手。中上と高橋は19番手と21番手だった。

第5戦カタルーニャGPのフリー走行1は1日、カタルーニャ・サーキットで行われ、トーマス・ルティがトップタイムをマークした。

気温26度。路面温度42度のドライコンディションの中、ランク3位のルティが1分47秒台を最多の8回、1分46秒台を2回記録。1分46秒597を刻み、2戦連続3度目の1番時計発進を決めた。

ポントリーダーのポル・エスパルガロは、1分47秒台を4回記録。0.536秒差の2番手に入れば、ランク5位のスコット・レディングは、1分47秒台を3回記録。0.885秒差の3番手に進出。

マイク・ディ・メッリオは、1分47秒台を2回記録。1.076秒差の4番手に入り、ミカ・カリオ、ヨハン・ザルコ、エステベ・ラバット、アレックス・デ・アンジェリス、ドミニケ・エジャーター、クラウディオ・コルティがトップ10入り。

ランク2位のマルク・マルケスは、1分47秒台を1回記録。1.356秒差の12番手に入り、通算150戦目を迎えるシモーネ・コルシは、1.612秒差の15番手。ランク4位のアンドレア・イアンノーネは、1.991秒差の20番手。

スペイン選手権の参戦で豊富な走行経験があるトラックに挑戦する中上貴晶は、1分48秒台を5回記録して、1.947秒差の19番手。2年前に優勝したトラックに戻って来た高橋裕紀は、1分48秒台を2回記録して、2.163秒差の21番手だった。

Tags:
Moto2, 2012, GRAN PREMI APEROL DE CATALUNYA, FP1

Other updates you may be interested in ›