Tickets purchase
VideoPass purchase

K.アブラハム、2度の検査後に参戦を断念

K.アブラハム、2度の検査後に参戦を断念

オフィシャルテストの転倒により、左手を骨折したアブラハムは、参戦を目的にシルバーストーン入りしたが、医師団から欠場を勧められて、欠場を決意。次戦からの連戦を前に、治療に専念する。

カルディオン・AB・モーターレーシングは15日、カレル・アブラハムが第6戦イギリスGPに欠場することを発表。次戦TTアッセンに向けて治療に専念する。

モーターランド・アラゴンで開催された2度目のオフィシャルテストで転倒を喫した際に左手を強打。出身地ブルノ市内の病院で精密検査を受けた結果、左手第三と第五中手骨の骨折を確認。

12日に参戦を決断して、シルバーストーンに入ってから、2度の診断を受けたが、医師団から欠場を勧められた。

「クリニカ・モービルと病院で2度の検査を受け、医師たちから今週末のレースに参戦しないことを勧められた。骨折した骨がずれてしまう可能性があり、そうなると手術が必要で、今後の参戦に影響を及ぼしてしまう。」

「欠場は非常にネガティブ。7月の4戦に欠場するより、この1戦を欠場した方が良いのは明白。2週間後にはトラックに戻りたい」と、欠場の理由を説明した。

Tags:
MotoGP, 2012, HERTZ BRITISH GRAND PRIX, Karel Abraham, Cardion AB Motoracing

Other updates you may be interested in ›