Tickets purchase
VideoPass purchase

フリー走行2:P.エスパルガロが1番時計を2連発

フリー走行2:P.エスパルガロが1番時計を2連発

前戦でポイントリーダーからランク3位に後退したエスパルガロが初日2度のセッションで連続の1番時計。地元出身のレディングとスミスが続き、マルケス、ザルコがトップ5入り。イアンノーネが24番手から9番手に浮上すれば、ルティは転倒により19番手に後退。中上と高橋は25番手と27番手だった。

第6戦イギリスGPのフリー走行2は15日、シルバーストーンで行われ、ポル・エスパルガロがトップタイムをマーク。初日のセッションを制した。

気温17度。路面温度28度のドライコンディションの中、フリー走行1を制したエスパルガロは、2分09秒を3回、2分08秒を1回記録。2分08秒826の1番時計を連続して刻んだ。

フリー走行1で4番手のスコット・レディングは、2分09秒を最多の6回記録。0.509秒差の2番手に進出すると、フリー走行1で2番手のブラドリー・スミスは、2分09秒を5回記録。0.707秒差の3番手に位置。

フリー走行1で8番手のマルク・マルケスは、2分09秒を4回記録。0.727秒差の4番手に入れば、ヨハン・ザルコとアレックス・デ・アンジェリスも2分09秒台に進出。トニ・エリアス、クラウディオ・コルティが続いた。

フリー走行1で24番手だったアンドレア・イアンノーネは、1.270秒差の9番手に浮上。シモーネ・コルシがトップ10入り。

フリー走行1で6番手のトーマス・ルティは、10ラップ目に転倒を喫して、2.230秒差の19番手に後退。

フリー走行1で28番手の中上貴晶は、3.412秒差の25番手。フリー走行1で10番手の高橋裕紀は、3.736秒差の27番手に後退した。

Tags:
Moto2, 2012, HERTZ BRITISH GRAND PRIX, FP2

Other updates you may be interested in ›