初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ベンが2番手発進、ロレンソは7番手

ベンが2番手発進、ロレンソは7番手

5戦終了時点でランク11位のスピースは、2度のテストで連続2番手に進出して、キャリア初表彰台を獲得した舞台に戻って来ると、転倒を喫したが、2番手に進出。序盤5戦後に延長契約を結んだロレンソは、8番手と7番手だった。

ヤマハ・ファクトリー・レーシング・チームのベン・スピースは、第6戦イギリスGPの初日に総合2番手に進出。ホルヘ・ロレンソは総合7番手だった。

2度のオフィシャルテストで連続して2番手に進出したランク11位のスピースは、フリー走行1で今季5度目の転倒を喫して、4.886秒差の11番手だったが、フリー走行2で2分05秒台を2回、2分04秒台を1回記録。0.034秒差の2番手にジャンプアップした。

「今日はグレートなスタートではなかったけど、すごく良かった。小さなミスを犯してしまい転んでしまったけど、とにかく、雨の中でもすごく快適だったことも含めてすごく嬉しい。」

「午後はグッドなセッションだったから、ドライレースになれば、使えるだろう。バイクは良く機能する。風が強いけど、45分間を最大限に利用して2つほどのことを試し、すごく速く走れて終われた」と、確かな手応えを強調。

2年間の契約更新を結び、タイトル獲得に向けて集中する環境を整えたポイントリーダーのロレンソは、最初のセッションで3.346秒差の8番手。2度目のセッションでは、2分05秒台を2回記録して、0.697秒差の7番手だった。

「レースのコンディションになるかもしれない雨の中で良いテストとなった。全体的には悪くなかったけど、あまり良くなかった!午後、風が強くてすごく難しかった。まだストレートで快適さがない。フロントの問題を解決する必要がある」と、課題を説明した。

Tags:
MotoGP, 2012, HERTZ BRITISH GRAND PRIX, Jorge Lorenzo, Ben Spies, Yamaha Factory Racing

Other updates you may be interested in ›